忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年初夏 恒例ドッグセラピー(2)
~お花ちゃんの切実なる訴えの巻~
P1070749.JPG
キブンは爽快ちゅっきりーんの花っ

それはおもむろに伝えられた…
花を目前にかっぱセンセはおっしゃった…
もぅね…ええ加減にしてくれと…
毎回頭が痛いんだと…頭痛がすごいんだと…
あなたの体も心配ですが…
あの匂いも、この臭いも、ちゅらいんですと…

そう…


ほとんど毎夜酔っぱらって帰ってくる秀ちゃんへの切実な訴え
お酒臭いにおいも、その時の酔っぱらい汗臭いのも、くっつけて帰ってくる煙草の臭いも嫌なんですぅぅぅぅぅあなたが嫌いなんですぅぅ ここまでは言ってない?(笑)

まぁ~そう言うコトですわ~フ・・・
てか、なんだ秀ちゃんへの訴えだったんだ。ぷぷぷ(あけん、ホッと安堵する…

いやしかし、あーもぅおかしいぃもぅーおかしすぎるぅ壁ベシベシッ床ゴロゴロゴロゴロ清水の舞台からジャ~ンプの大笑い中のワタシ…だって、ワタクシ200%当てはまらないもんね~おほほほほほほほほほ

最愛の花の切実な気持ちを知り、茫然自失、唖然とする秀ちゃん

今までどれだけワタシにチクチク言われても「仕事ですぅーへっへ~ん」みたいな?(←この言い方が又憎らしい)、どれだけバセ妻に責められても「んふふ~聞こえませーん(バセ耳東風)」みたいな?、散々わが道を行く旦那さまでしたが、最愛の花に心底嫌がられていた事実を知り、肩をガックリおとし、打ちのめされた模様…あーおかしい…そしてなんてスッキリ

その後、言いたいことを言ってもらった花は満足し、ワタシの膝の上で…またそのしぐさも追い打ちをかけたようだ更に柚までもワタシのそばでくつろぎだした ぎゃははははははっ ホレみたことかと花柚からの“秀ちゃんでも見て解る”態度攻撃

見かねたかっぱセンセから、秀ちゃんも仕事の付き合いで大変だと思いますが…ねぇ…とやさしく声をかけられるも、裏を返せば、まぁ“ドを超してるということでね”…という心の声を読み取った気がしたのはワタシだけおほほ…

そんなこんなで、まずは花の声高らかな第一声を浴びた。
我が家のマンネリ化つつあった危機的状況を救ってくれた花ちゃんに、感謝感謝である

その後、今の花の状況と、これからの事を…

花の体について、現在とてもとても頑張っていますそれは、ワタシの気持ち(や、していること)をくみ取って頑張ってるんだけど、でも、本人の体的には既にオーバー気味であり、今後は花の犬生の後半戦と思って、心してほしいと。今(今後)花にとってオフ会は心底苦痛、他のバセンジーも大嫌い、会うのはもちろんイヤ、なぜそこまで…と思いますが、それは、花が昔の様に元気にふるまえないことが自分自身解っているからとても辛いんだそうです。
いわば、とても気位の高い犬がゆへの苦悩なので、無理に連れていったり会わせると精神的に参ってしまいます。花の為を思うなら、今後オフ会やバセンジーと遊ばせることはしないでください。と…

又、家族旅行も行けば楽しいんだけど、後がつらい。遠方は体が大変なので、花はお留守番させるか、夫婦別行動でOKなら花柚あけんは留守番組で、秀&くららのカップリングで動く。(これは夏に秀ちゃん希望の四国旅行を考えていて、花が大丈夫かどうか聞いたお返事です。)近場は全然OKです散歩も大好きなので、連れて行ってあげて下さいとただ、今後は“家犬(シニア)”の扱いであることを重々念頭に置いて下さいネ又、日差しのきつい時間帯の散歩はNGですよとのコト。

他に、ふと現在の散歩の時の配置がいかがなものか聞いてみました。(元々・柚&花の二股リードだったのですが、柚の勢いに振り回されてしまう花がかわいそうかな…と、単独リードだったくららとチェンジしました。そして数カ月…セラピーで聞く予定でなかったのですが、なんかこんな話に???花の訴えだったのかにゃ???)

現在(秀ちゃんまたはワタシがひとりで連れていく散歩で)左手には二股リード・長いほう/柚、短い方/くらら、右手には独立リード花、おのずと左手の二股リードのイケイケモードの柚が先頭で、くららが引きずられ2番手、位置的には花が自分ペースで歩き3番手になるのですが…と伝え終わらないうちに、あーーーーーそれは花ちゃん屈辱ですねーと即答っヒィィ
 
では、左手二股リード・長いほう/花、短い方/くらら、右手独立リード柚とした組み合わせの場合、多分柚が単独で先頭に出て、花が次を歩きくららが3番手になると思うのですが、花の気持ちは楽になりますでしょうか?ただ、このバージョンの場合、花とくららがくっついていることになるのでイヤかな~と思っていたのですが…と、伺うと…

柚ぽんと花ちゃんは一緒の方がよろしいかと思われます柚ぽんが先に歩いても花ちゃんは全然大丈夫ですよ寧ろ刺激になっていいかもしれませんその際にくらら単独になりますので、くれぐれも花ちゃんの後につくようにしてくださりませ。 とのお返事でした~~~~きゃー

あぶないあぶない…花に良いかなぁ~と思ってしたことが、ま逆のコトことをしていたようです
早速、そのあとの散歩からは総入れ替え(笑)単純な我が家ですが、心なしか花が嬉しそうでありました

そして、花自身が解っていること。とても我々には悲しいことなのですが、それは、彼女自身の寿命を、花は知っているとのことでした。センセも知っているとおっしゃいましたが、我々には『言いません(きっぱり)』と、少し知りたい気もしましたが、知ればそのコトに気持ちが振り回されることは目に見えて解っており、花との“今”を大事に大切に楽しく生きれませんし、多分よけー花の寿命を縮めそうですしネェ(笑えネェと思いなおし、解りましたぁ~と素直な大人が2名(爆)

なにより、花も知ってほしくないだろうし花がいつか迎える次のステップへ旅立つスペシャルな別れを喜んで送り出せるように、今からゆっくり心構えを持ちたいと思います昔だったらジーザスと打ちのめされるところですが(爆)今は少しだけ“死”に対して前向きなワタクシがいますそう、ちょっと成長したんですのヨ。おほほほほほ…

最後に、秀ちゃんが次世代のバセンジー…我が家にも次のバセンジーを(花に育ててもらいたいんですぅ)…と話を切り出した時、センセがあわてて『しーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、中断『花ちゃんの前でその話は絶対ダメです(きっぱり)ひ、ひ、秀ちゃんが『いやぁ~柚を花が上手に育ててくれたので、次の子も花に育ててほしいなぁーって思って…』と返すと、『それはくららがしてくれますよ立派に花に教えをもらってるので、大丈夫だからっ』って…え?くらちゃん、そんなに成長したのてか、花ちゅわ~んゴメンネゴメンネーちゅうことで、うん。そう。くららは花より長生きするっちゅうコトですネ(爆) あっはっはー気にしないゾ そんなくらちゃん、ここんとこ毎回大絶賛を頂いております。柚ポンの訴えは切実ではなかったそうなので次はくらちゃんネタです

てか話しなげーよワタシ
お付き合いいただいた皆さま、いつもありがとうございます


 ★本日のブログのコメント欄はありません★ 
--------------------------------------------------------------------------------
*** バセンジー犬花柚のメインサイト
こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日
*** komarigao姉妹サイト バセンジー犬に多い遺伝病
バセンジーのファンコーニ症候群治療プロトコールサイト
PR
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]