忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part110 今一度認識を
“ファンコーニ症候群”で検索されて、当サイトやブログに来てくれる方がいらっしゃいます
少しずつですが、徐々に浸透してきた手応えがあり、うれしいです

P1060245.JPG

全くバセンジーに関係ない画像(笑)です。 カマキリくんを探せっ

あまり、ファンコーニ症候群ネタを更新するコトがなくなりましたが、それは調子が良いからと思ってくださいネ花くららはお陰様で共に絶好調です

体を目で見て解ることと言えば、尿の回数・量は季節によって若干変わるものの、現状維持が出来ている気がします。コートもつるつるで、お肉もつきましたきっと、次の体重測定は増えてるでしょう

血液検査の診断に関しては、前回、クレアチニン値が若干上がったコトが気になるとどっかで書きましたが、これは要経過観察と言うことで…他、気にしなければならない生食で高くなると言うBUN、加熱肉にすると共に食事抜き時の検査できっちり正常値内に治まるというなんとも体に正直な結果が出ました。

ただ、食事抜きで正常値であることはウレシイノですが、結局のところ食事をして消化吸収・内臓の働きが休まる時間が1日どれだけあるかと考えれば、大半は消化活動をしている訳で、BUNの影響が有ると言うことになります。ファンコーニ症候群を持つ個体が腎不全を併発する率は高いので、これからも腎臓への負担を常に考えておかねばなりません。先日行ったいつもおなじみ手作り食のセミナー(本村伸子獣医師のセミナー)では、“BUN、それ自体が悪いものという訳ではない”と言われてました。確かメモメモとメモって復習せず現在に至るですんが、その時はなるほどな…と納得した記憶があるよねワタシ(←疑問系。笑) ま、ま、ソレは後日確認しときます~と言うことで…

以前のセミナーでは、症例別質問でファンコーニも取り上げて頂くコトも出来、毎年通ってヨカッタなーって思います。手作り食の沢山の知識が頂戴出来るのはありがたい加熱になりましたがBARFが基本なので、ここで学ばなければ、何が良くて何を辞めておいた方が良いかサッパリさからないので、とても助かってます。

そして、次にリンは常に正常値内であります

以上、腎不全への心配を以後気をつけながら、心配処の3点はクレアチニンを除き大丈夫なので(と言ってもクレアチニンが動くのは少し心配)、現状は純粋にファンコーニ症候群を維持出来てるのかな?と思っています。

後、ファンコーニ症候群を発病したら気にしなければならない肝臓数値も、おお?と思う時もありますが、行ったり来たりとしておりますので問題なしですかね…(ちなみに、肝臓の数値が高く続く子も、血ガス検査かDNA検査をお勧めしたいです。以前、ゴントー先生がおっしゃっておられました

又今週末は久しぶりの血液ガス検査(かかりつけ病院での導入を待ってました)なんです。久々の検査になりますが、ウレシイ反面、ちょっとドキドキ…はてさて、hco3もきっちり体にキープ出来ているでしょうかね

この検査は、ファンコーニ症候群で最重要検査になりますので、どうぞ罹患しているお友達は検査&重曹投与を後回しにしないで下さいね。


さて、病気に関係ない方はあれこれ書いてるこんな話し、なんのこっちゃいと思うでしょうがバセンジー犬であれば、ファンコーニ症候群はまっさきに疑ってかかり、尿検査は習慣にしておかしくないぐらい重大な検査です。どうぞ、お年頃のバセンジーちゃんはしっかりチェックをして、尿糖が出たら迷わず治療に入ってくださいネ。

遺伝病ですので、治りません。残念ながらそれは事実です。
ですが、治療法はあるんです

よって、いつも以上に大声出させて頂きますっ

きちんと治療をすれば、
普通に暮らし寿命を全うし、
苦しみなく過ごすことが出来ます。


“治療法はない”と、思われている方がいらっしゃる様ですので、それは間違いです。きっぱり

例え、行かれた病院で“治療法はない”と言われ「獣医さんが言ったもん」と思われるかも知れませんが、日本では症例が少ないゆへの残念な先入観です。治療経験のある病院が少ないゆへの現実ですので、どうぞ飼い主さんが治療法を理解し、獣医師さんを説得して頑張ってくださいね。間違った治療・もしくは、何もしないで早くに命を落としている子が少なくないのも悲しい現実ですので…

治療法があるにことを、喜んでくださいね


★本日のブログは、コメント機能をオープンにしております★
*** バセンジー犬花柚のメインサイト
       こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日 
*** komarigao姉妹サイト バセンジー犬に多い遺伝病

       バセンジーのファンコーニ症候群治療プロトコールサイト 
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]