忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part201 バセ三昧
今日は花だけ診察でした
P1070123.JPG
満開まであとちょっとっ

前回の診察で、少し血液結果が不安定だった花ちゃん
一ヵ月後の今日、彼女だけ診察を入れてましたっ

前回の結果に基づき、重曹の投与量を増やしたらば、
見て解るほど元気がUPしたお花ちゃん。
体重もあがってきたよ~6.9kg ベスト体重まで後0.1kgサ
柚も(約一週間前の爪怪我時の体重測定)UPしていたし
じつはくららもプリリンとしてきた・・・

やはり我家は季節におおきく体重が左右される様だっ
あったかくなってきたからか、3頭まるっと体重UPかもかも
家がきっと寒すぎるんだねぁ~と思いつつ、春先取り
好調な予感デス

して、我家の通常診察は予約制で、いつもとれたら一番目の予約をとりますが
今日は2番手・・・待合室で今日は花ちゃんと二人LOVELOVEねと
ゆったりと待っていると、診察室があいて黒田先生が
『あけんさーん(苗字を呼ばれてますよ。笑)どうぞ~』といいつつ
『バセンジーチェーンジって(笑)

ええええええーバセンジーちゃんですか?と思ったら
レッドの女の子のバセちゃんが出てまいりりました~
前回バッタリファンコーニした遠方のバセちゃんとは又別のバセちゃんあります。)

いやんっ うれし~
もぅーここ(クーパー動物病院)でバセンジーに出会う確率高いぃ

伺いましたら、ファンコーニ症候群だという
komarigaoのファンコーニサイトをご覧頂いているようで
これまた、ありがたーい
バッタリファンコーニ第2弾に、不謹慎にもニンマリです

お話をうかがうと、ご親族のバセちゃんにも、病気のことを報告したりと
積極的に治療に取り組まれた様子に、とても嬉しく思うあざーす

又お会いできるかなーと、一杯しゃべりたい気持ちを抑え
我々は診察室へ・・・

して、センセと話をしていると、
実はまだ、この後も、バセンジーちゃんですよと(爆)

今日(の予約)は、ぜーんぶバセンジーちゃんだそうで、
しかも、次のバセちゃんは、前回お会いしたバッタリバセンジーちゃーん

遠いところマメにいらしているご様子・・・と思っていましたが、それ以上に驚いたのは
地元のかかりつけ獣医さんとこちらの黒田先生が連携を取りながら
治療を進めているとのこと(なかなか、この連携が取れないケースもある様なので・・・)
まさに、遠くてなかなか頻繁には通えない方の理想的な治療

いやはや、こうやって前向きに治療をされるオーナーさんの話を聞くと
本当に、本当にウレシク思います

特に、今日は、複雑な気持ちでいたワタシです
ファンコーニの発病を知りながら治療せずして亡くなったバセンジーの訃報の直後
忘れもしない2月頭に電話が来ました・・・
丁度、花くららの診察前日だったので、交代して治療を受けないか?と進め
その日は無理だったので、色々と病気の説明と治療の話しをし、
3月中には・・・という話になっていました。
こちらはそのつもりで病院を紹介し、いつでも来てもらえるう様、段取りもつけておりましたが、
残念ながら来られませんでした。

そして亡くなったと・・・

正直、素直に悲しめない、びみょーな気持ちだったのです

が、今日お会いしたバセンジーちゃんに、気持ちが救われました
ちゃんと、治療をされる方がいる。
普通のことなのに(と、ワタシは思っている。)、それがこんなに嬉しいとは・・・
ありがとうございますね。ほんとに・・・

ワタシはただのバセンジーオーナーですが、
ファンコーニ症候群治療サイトを立ち上げ
ありがたくも色んな病状をうかがうことが出来、
又、一年前の(仮)ジョンちゃんのケースを目の当たりにしたりして
治療される子、治療されない子、
生きてる子・亡くなった子
苦しまず亡くなった子・苦しんで亡くなった子、、、、

どういう病気の状態だったか、多分、普通の飼い主さんより少しリアルに想像がつきます。
もちろん、直接体験したわけでなく、頭でっかちであり、
獣医の先生方の足元にも全く及びませんが
今回、訃報の連絡が来たときは、亡くなったバセンジーちゃんの苦しみを感じたというか
解った気がしました。
多分、そのオーナーさんが思っている以上の状態だったんだと、ワタシは知っています。

これからも、この病気の結末までの表裏、
治療に取り組む飼い主、取り組まない飼い主
治療されている子、治療されなかった子、
両者を知る立場にいさせて頂いているんだな・・・と
しみじみ考えている次第です。

それがワタシにとって、いいことなのか、悪いことなのか解りません。
定期的にオフ会やバセンジー同士で遊ばせる・・・と楽しいだけで動いている私にとって、
この先、昨日まで楽しく一緒に遊んでたオーナーさんが
次ぎに会うときには、納得できない方になってしまう状況も十分あり得ます。
その納得できない感情を自分でコントロールできるかどうか、、、
未熟な私には難しいです。

とにかく、せめて、自分の子だけは悔いの無いようにしたいと
改めて思った24時間となりました。

ファンコーニ症候群は、治療をしなければ、その先がわかる病気です。

もがき、のたうちまわり、死に至るのではなく
きっと人では耐えれない苦しみに、静かに、絶えて、長い時間がたって
最後の最後に押さえきれない苦しさが表に出る・・・
表に出たときは、もぅ手遅れなんです。後は “死” です。

どうぞ、バセンジーオーナーさんには、それを知っていてほしいと心からお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(-人-)






亡くなられたバセンジーちゃんのご冥福を、心からお祈りします。





★本日のブログのコメント欄はありません★ 

*** バセンジー犬花柚のメインサイト
こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日 
*** komarigao姉妹サイト バセンジー犬に多い遺伝病

バセンジーのファンコーニ症候群治療プロトコールサイト
PR
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]