忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part59 甲状腺機能不全

以前、ファンコーニ症候群を発病し、治療を進めているバセちゃんに

凶暴性”が出てきた・・・と心配されていたコトが気になり

調べておりました・・・


『コレだっという答えでは無いのですが

『コレに伴う症状なのでは・・・?』という憶測的なお話です。

24a62be4.jpeg

ちゅーして のお花ちゃん

 


ファンコーニ症候群の論文のなかに(翻訳バージョン・抜粋)

* * * * * * * * *

~前文省略~

3.Thyroid Screening. A fair percentage of Fanconi afflicted dogs have been shown to be hypothyroid.

3.甲状腺検査。ファンコーニ症候群に罹患している犬のかなりの割合に、甲状腺機能不全が見られる。
 
I would suggest waiting until the first Fanconi follow up (Protocol in place) before performing a T4, since "out of control" Fanconi can cause false T4 readings.
T4検査を行う場合、もしファンコーニ症候群の症状が「コントロールできていない状態」であれば、正しいT4検査結果を得られない可能性があるため、最初のファンコーニ症候群の診断結果がわかるまでT4検査を待つ事を勧めます。※T4検査=甲状腺ホルモンの一つ、甲状腺機能障害を診るときに、はじめに測定するもの。
 
Even if the thyroid screen shows hypothyroid, and replacement therapy is instituted, you should recheck a level in six months, after a Fanconi treatment regimen is begun.

甲状腺スクリーニングにより甲状腺機能不全と診断され、代償療法が始められても、ファンコーニ症候群の治療が始まってから6ヶ月後に再検査すべきである。

~以下省略~

* * * * * * * * *

これは、今のお花ちゃんの症状には当てはまらないので、

これから先、気をつけていこうと思っていたコトなので流してた部分ですが、


別件で、去年に引き続き、今年の柚のハゲチャビンをちまちま調べていて、

ワクチン接種に伴う副作用の症状に、 『甲状腺機能低下症』という症状を発見


論文の中(上記)にも、『甲状腺機能不全』うんぬんとあったなーと思い

ゆくゆく・・・と思っていたけど、急遽併行して・・・調べてみました


『甲状腺機能不全』とは文字通り、甲状腺の機能が完全でないコト。


甲状腺の機能が完全でない病気に、

ニャンコちゃんで主に上げられる『甲状腺機能亢進症』があり

【症状:甲状腺ホルモンがたくさん出るため、全身の細胞の新陳代謝が異常に高まり、

さまざまな症状を引き起こす。】


次に、ワンコちゃんで主に上げられる『甲状腺機能低下症』があります。

【症状は“亢進症”逆で、甲状腺ホルモンが不足し、さまざまな症状を引き起こします。】


(★ホルモン異常の病気は他にもありますので、ご注意


我が家は花柚(犬)が対象なので、 『甲状腺機能低下症』を調べているのですが、

この症状の内の一つに、“理由のない攻撃性”があります。

なぜ、攻撃的になるのかは解明されていないようですが・・・


今読んでる本(獣医師:本村伸子氏の著 ホルモンの異常に気づいてますか?

ペットの自然療法辞典バーバラ・フジェー著) にも、同様の行動が書かれており、

それと、ファンコーニ症候群の論文にあった“甲状腺機能不全”の文字とだぶらせて考えています。


今のところ、花柚は“理由のある攻撃性 だと思うので(いや、思いたいだけか?

他に“甲状腺機能低下症”に一致する病状は、数少ない・・・ハゲネタと耳の臭い・汚れ(柚)デス。


もっともっと、つっこんで調べてみたい病状ですネ。


*
*
*


■ 現段階のまとめ ■ (ホント、ただの憶測ですが・・・)


ファンコーニ症候群を発病したワンコに多いと書かれている“甲状腺機能不全”

犬の“甲状腺機能低下症”で有る場合、

症状として“理由なき攻撃性”が現れてくるのかも知れません・・・

しかるべきファンコーニ症候群のケアと、

新たに“甲状腺機能低下症”の検査・治療が必要となってくるかも知れませんね。。。。





改めて、免疫・ホルモン系の大切さを考えなければデス



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日のブログはレス機能を復活させています

コメントのある方は是非ご利用くださいませ


*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*

バセンジー犬花柚のメインサイトもヨロシクドウゾ

こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日

 

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]