忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part84 ここをご覧頂く獣医さんへ 

☆この内容は、part81 part82 part83 の 続きです☆


花柚のサイト&ブログにはアクセス分析がついちょります

多分、どのブログにもついていると思うのですが・・・


それには、たいがい、

● 日にどれだけのアクセスがあったか

● 何回目のご訪問か

● どんな検索ワードで訪問されたか・・・

などが解ります。


* * *
 


その検索ワードで、過去、ちらほらだったもの・・・

現在はほぼ毎日検索され・私のブログにたどり着いているワードに、


『ファンコニー症候群 犬』

『バセンジー ファンコニー症候群』

『ファンコニー症候群 治療』


このワードで閲覧される回数がダントツに上位を占め、

ほぼ毎日、だれかしらがこのワードでご訪問下さっています。


また、それらの検索された方のIPアドレスから

どこかの企業様かな?と思われる所は

少し深追いし調べさせて頂くと、


“●●大学 獣医学科” からの閲覧も時々見かけます。


北から南まで・・・某・大学病院、獣医科であろうネットユーザーさまからの

閲覧を頂いている事が解っています。


それ以上の個人情報はもちろん解らないのでご安心頂きたいのですが、



そこまで解ったアクセス分析の情報に・・・


その方々が獣医さんかも知れない

とか想像してみたり、

もしかしたら、そちらの患蓄にバセンジーの尿糖の子がいるのではないかな?

と想像してみたり

そちらにお勤めの方がバセンジーオーナーさんでお調べになってる人がいるのかな?

とか、想像してみたり

もぅ、あたしの妄想は広がるばかりでして




ここで、検索訪問して頂いているうちが華だっ

と、ばかりに、書かせて頂きます。



翻訳した論文の末文に、僭越ながら私の気持ちを記させて頂いています。


* * *


このプロトコルに記されている治療の一つ

血液ガス分析を必要とする治療に、

検査の難しさからか血液ガス分析をし、重炭酸塩の投与を

しばしお考えになる獣医様が希にいらっしゃいます。


それに異論を申し上げる訳ではございませんが、


ファンコーニ症候群を発病している犬を持つバセンジーオーナーの気持ちとして、

現時点で確固たる治療方法が確立されていないのであれば、

バセンジーのファンコーニ症候群を専門としたこの論文に記されている治療方を実践し、

経過を見守り、治療して頂ければありがたく存じます。宜しくお願い申し上げます。


* * *


私も、もちろん獣医さんとイザコザしたくありません。


愛犬家としては、信頼出来る獣医さんと巡り会い、

普通に、ホームドクターであって頂けたら幸いと思っています。


でも、このファンコーニ症候群を発病したら

普通の健康診断程度のおつきあいの枠を

いささか超えるコトも多くなります。


お会いする回数も多くなります。

治療が軌道に乗れば何年も続くと思います。

飼い主側から、意見や質問が出る事が多くなると思います。


それは、


私の様な者(ファンコーニ症候群の治療を飼い主目線で調べ情報を配信している者)が

発信している内容のウケウリもあるだろうし、

飼い主さん独自で調べられたコトの問いであったりすると思います。


もちろん、素人がファンコーニ症候群の発病疑いに奮起して調べた内容なので

飼い主側の間違った解釈もあると思います。



それでも、最後に、頼りになるのは、やはりかかりつけの獣医さんなんです。



どうか、どうか、お願い致します。


ご存じのない病名であっても、

その子の血液検査が全て正常値内であっても、

尿糖が出ていたら、治療に取りかかって欲しいのです。


治療方法はこの論文に全て書かれています。

バセンジーのファンコーニ症候群 獣医向け治療プロトコル 2003年


この論文を書かれたアメリカの先生が

今でも、おっしゃっています。

つい最近、尿糖を確認し血糖値が正常であった日本のバセンジーちゃんの診断に対して


* * *

This is a Basenji, spilling sugar in the urine.

The chance that it is anything except Fanconi is almost zero.

It IS Fanconi.

All they need to do is a VENOUS blood gas to make the fast and easy final diagnosis and to know

exactly what they need to do to successfully treat the dog. 

バセンジーで尿糖が確認された。

ファンコーニでないという期待を持つ事はほぼ絶望的です。

これはファンコーニです。

静脈血液ガステストをする事が、迅速にそして簡単に診断を下す方法です。

これから必要なのは、確実に適切なケアをする事です。

All we need is the VENOUS BLOOD GAS and we can start treating.

Without treatment the kindey damage will continue and will get worse.

It is also permanent damage.

まず静脈ガス血液テストをしてください。

それから適切な処置を始める事が出来ます。

適切な処置なしでは腎臓のダメージはひどくなり続け、最悪の結果を招きます。

これは治癒できないダメージです。


* * *


ゴントー先生は23年間以上もの間に、

27,000頭以上のバセンジーを診てこられ

その中で、一度も例外はなかったとおっしゃっています。





今出ている情報だけで、十分ケアが可能です。

当方の愛犬の様子を見ると、日本のサプリメントで代用が可能です。



血液ガス分析をし、重曹の投与を開始しなければ腎臓のダメージが進んでしまう。

高タンパク・高濃度な栄養を与えなければ、

体に必要な栄養がオシッコにだだ漏れの体なので

内臓のどこかしらから、ダメージがかかり、

また、筋力が落ち、動けなくなり、寿命を早めてしまう可能性がある。

腎不全や、他の病気になったら愛犬は苦しんでしまいます。

なにより、寿命に大きくかかわってきます。



そういう病気だから、飼い主は必死になるんです。




論文内で一番ネックになっているであろう血液ガス分析検査・・・



この、血ガス検査が出来なければ、

キープ出来る症状(健康)が、キープ出来ないことになってしまうんです。


解っている事(治療方法)があるなら、実際に、その適切な治療をを行い

愛犬には元気で、苦しまず、長生きして欲しいと思っている飼い主がほとんどです。



たまたま、犬種特有の病気を発病した。

たまたま、その犬種があんまり沢山いるとはいえない犬種だった。

たまたま、その犬種のオーナー同士は繋がりが深かった。

やっかいな飼い主集団かもしれませんが、

どうぞ、ご理解頂き、

貴病院に来たファンコーニ症候群かも知れないバセンジー

もしくは、バセンジーのDNAが入ったMIX犬ちゃんのケアに

ご尽力を頂ければ幸いです。


くどくど、くどくど、くどくど 本当に長くなりました。

長文乱文の失礼をお許し下さい・・・




* * *




今回のブログは、親愛なるお友達への追悼の意を込めました。


2010年7月5日・・・深夜から早朝に掛け

数年、花と一緒にファンコーニ症候群の闘病を続けていたお友達が、

ファンコーニ症候群の治療の果て、がんばった犬生に幕を下ろしました。


最後まで、本当に親孝行でした。

深い悲しい心中であるのに、

オーナーさんより、最後の病状をお知らせ下さいました。


ホントに、勝手に、泣けて泣けて。

とにかく、悲しいです。

自分の子だったら、比ではないでしょうね。

オーナーさんの心境が想像を超え・・・心配です。

体に無理が来なければ良いのですが…



勝手ながら、

彼と彼女の希望だろうことを、私からの言葉に代えて。


今の現役ファンコーニ症候群のお友達、

これからファンコーニ症候群を発病してしまうかもしれないお友達、

恐れず、頑張ってと、願っているお気持ち…

みんなに届けばいいなと、思います。


それには、やはり、ホームドクターの協力は欠かせません。

最後まで治療に当たられたお友達の先生に感謝を、


そして、彼の存在、彼の身を持って教えてくれた経験を忘れず、

私も、今後より一層、花・くららのケアにあたりたいと思います。


ありがとうございました。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

本日のブログはレス機能を復活させています

コメントのある方は是非ご利用くださいませ



*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*

バセンジー犬花柚のメインサイトもヨロシクドウゾ

こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]