忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part100 キャリアをあなどるなかれ…
** 本日のブログは前説の後よりズズイとお進み下さい **


【前説:バセンジー犬に多いファンコーニ症候群(遺伝病)プチ解説】
※この前説は、この遺伝病を広く認知して頂きたく、カテゴリー“バセンジー遺伝病”の記事ごとに都度記載させて頂くものとします。part100以降~

あなたのバセンジーちゃんが・よく水を飲む・おトイレの回数が増える・粗相をしてしまうなどの症状がみられたり、なぜか痩せていく・足腰が弱くなっていくなど(老衰以外で)原因不明の症状が出ている場合は、バセンジー犬もしくは、バセンジーのDNAを持つワンコさんに多い、ファンコーニ症候群という遺伝病を発病している可能性があります(この時点では確定ではありません。)

確認方法は、“尿に糖”がでているかいないか。血液検査の“グルコースが正常値内”であるかどうか。診断方法は、尿に糖がでて、血液検査のグルコースが正常値内であれば、バセンジー犬の飼い主さんは迷うことなくファンコーニ症候群の発病を覚悟して下さい。そして速やかに、適切なケアをすべく、行動を起こして下さい。

又、この病気は尿に糖が出る為糖尿病や、多飲多尿でクッシング症候群、他原因不明だけど●●(なにがしらの病名)かな?などと誤診されてしまうケースが多いので、現在、そのような診断をされて闘病中のバセンジーちゃんがいらっしゃれば、どうぞ今一度、ファンコーニ症候群ではないかどうかの検査をお勧めします。治療法が全く違います。命に関わる大切なコトですので、何卒宜しくお願いします。

バセンジー犬のファンコーニ症候群治療サイト



**本日のブログはこれ以下より**


震災中にもかかわらず、ファンコーニ症候群の情報収集協力をして下さった皆さま、
本当にありがとうございます

今まで、ファンコーニ症候群の治療に役立てばと、我が家の知り得たことは惜しみない情報公開を・・・と言いつつ、皆さんに秘密にしていたことがありますのうふっ

カテゴリーの“バセンジー遺伝病”、のシリーズ(シリーズなのか?)“ファンコーニ症候群 part100”となる今回、ま、記念すべき100回目と思って、後出しするコトをお許し下さい(爆)

↑ イヤン 思わせぶりっ

ファンコーニ症候群の治療サイトで推奨しているDNA検査ですが、このブログ・サイト場で柚の結果には、幾度となくふれた事があったと思います

OFAでのファンコーニ症候群の遺伝病検査は、2008年の11月に兄の一時帰国と共にキットを購入してもらっていたので、その後すぐに採取し検査機関(OFA)に送り、2009年の頭にお返事を頂いたのですが、花自身は2008年の1月に尿糖が出て治療に入っていたので、絶対に罹患(affected)と返ってくると思ってました。

が…

hana-ofa1.jpg

んがっ 当初の結果は キャリア と返ってきたんです


もちろん、速効問い尋ねたものの(誰がって兄がしてくれたんだけどね。)結果はまちがいなくこれです(キッパリ)と、これまったアメリカンな答えが帰ってきた訳ですよ。

私自身は既に花にはゴントー先生の論文に当てはまる症状がでていたので、迷うことなく治療に邁進すべし…という行動をやめることはなかったのですが、やはり、OFAで検査するにあたり『DNA検査の結果は100%ではない』という、ごく稀であろう謳われ文句に結果があてはまってしまったことは、今後、ファンコーニ症候群の認識を広め遺伝病のリスクを減らすべく、交配させる場合は特に特に気をつけて、なるべく遺伝子検査をして欲しい…とお進めしている上で、どういう言葉を選び、お伝えして良いのか・・・この結果をネット上に出すに、しばし考え込んでおりました。そうですね、軽く数年間。

でも、やっぱりDNA検査は大事と思います
ファンコーニ症候群のバセンジー友達の存在を知るたびに、本当にそう思います。

花の様な結果が出てしまうときもありますが、交配を望むのであればDNA検査の必要性・定期的なオシッコチェックは、バセンジー犬にとってとても大切なコトだと思っていますので、どうぞ、引き続き気に留めていただければと思います。

海外の検査機関ではありますが、当サイトでキットの購入方法等載せています。
バセンジー犬のファンコーニ症候群治療サイト DNA検査

* * * * * *

そして去年末、OFAより追ってのリサーチが入りました。
(検査を受けた子に送られてきた様子です。)

花の病状を伝え、ファンコーニ症候群の症状が出ており、血液ガス検査をしている旨、重曹治療をしている旨、伝えたところ、OFAの花ページでは、いつの間にかキャリアから罹患に変更になっておりました・・・

おいおい、こっちに教えてくれてもイイだろう~ と一人ツッコミしちゃったよ(爆)


それでも、ワタシは、DNA検査をオススメしますっ


hana-2.jpg


 

☆本日のブログは、コメント機能をオープンにしております☆

*** バセンジー犬花柚のメインサイト
       こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日 
*** komarigao姉妹サイト バセンジー犬に多い遺伝病

       バセンジーのファンコーニ症候群治療プロトコールサイト  
 

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]