忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part237 カリウム最新情報
【ご連絡:ホームページアドレスの変更のお知らせがございますemoji
【エネルギーワークの参加希望:締め切りましたemoji


ノッテきたうちにemoji持ちネタ一挙公開emoji

・カリウムの最新情報(今回の記事emoji
・乳酸(ラクト)リンゲル(点滴)のお話(認識が変わりましたemoji
・ファンコーニ症候群の手術について(注意事項を守れば麻酔もOKemoji
↑後こんだけ続きますemoji(連続投稿には出来なさそうぅ…お許しを…)

あ・ゆ・み・よ・りemoji
ファンコーニと関係ないけど、花柚とラルゴemoji
お正月以降、ずっとリビングで共存しておりますemojiヨカッタヨ~emoji




某バセンジー人気ブログemojiさんの所で
カリウムについてのコメントを入れさせて頂きましたが
反対に新情報を頂いたので、黒田先生に確認を取り現時点の見解をご報告致しまするemoji

今までファンコーニ症候群の治療で、カリウム剤を使うなら
グルコン酸カリウムが有効とお伝えしてきましたが
“カリウム”の補充を目標とする為だけでしたら、
グルコン酸カリウム以外(クエン酸カリウム、アスコルビン酸カリウム)も
良いのではないかという考えだそうです。

アスコルビン酸カリウムは他のファンコーニバセンジーちゃんでも
治療に利用されているとの事で、今のところ問題はないそうですemoji

違いは、グルコン酸カリウムに比べ1錠あたりのカリウムの含有量が少なく
その分多くの錠剤をのまなければならない不便さがありますとのこと。


ただし、ご注意いただきたい点がございます

まず、グルコン酸カリウムがおススメの理由は
論文でも記されているゴントー先生が進めるからであって、
“なぜ”グルコン酸カリウムなのかは(黒田先生がゴントー先生に)
確認はとられていらっしゃらないとのこと。
ゴントー先生は大変お忙しい方(人間のお医者さん)なので、
また、何かの機会に伺えればと言われていましたが、
カリウムの補正に関しては、上記に書いた内容でOKだろうとのこと。

ただ、アシドーシスの治療を視野に入れなくてはいけなくなると話は違ってきます。

アシドーシスの治療をするならば
グルコン酸カリウムの方が“ファンコーニのアシドーシス”の補正に有効
アスパラギン酸カリウムは“ファンコーニのアシドーシス”の補正に期待できない
という理屈が成り立つのだそうです。
だからグルコン酸は色んな意味で(黒田先生は)使いやすいと思う…とのお話でした。
※お間違い頂かないでほしいのは、カリウムの補充とアシドーシスの治療は
又別物です。カリウムだけの補充を考えるなら上記に書いた種類のカリウムで大丈夫です。

さて、ここで私が冒頭に書いたあやふやな文面に突入しますemoji
“ファンコーニ症候群では有効でない”という治療の話です。
(まさか、カリウムでもそんな話になるとはemoji勉強なりました~~~~)

乳酸(ラクト)リンゲルの話につづきます。
 ★ 今日のコメント欄はopenです ★


*** メインサイト
 Basenji komarigao
*** 姉妹サイト
 バセンジー犬のファンコーニ症候群治療サイト
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]