忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part38 血液ガス分析
ファンコーニの論文を読んでいると、再確認だねーってコトもだし

他にも気にかけなければいけないコトが次々発覚します

改めてブラボー



懐かしの画像・・・この危険度っ(爆)まだまだ健在っ






part35でも書きましたが、重炭酸塩の損失を調べる=血液ガス分析検査の

トライについて、非常~ぅぅに悩んでおります


論文を読んでいて解ったことは、これは、バセンジーに限り

(バセンジー向けの論文だからですが・・・)

他、ファンコーニ症候群が遺伝的に多くみられると特定されている種においても、


血液ガス分析は、

ファンコーニ症候群かどうかを調べる検査ではなく、

治療として必要になってくる検査なのです!



 part 34 で論文内容を抜粋していますが

ファンー二症候群の診断は


+ + + + + + + + +

Positive diagnosis is made by glucosuria with normal or low blood glucose.
この疾患の明確な診断方法は、正常または低血糖を伴う糖尿が出ているかにより判断される。
 
+ + + + + + + + +
 

デス。基本中の基本デス

 
(しつこいようですが)血液ガス分析を行う血管は動脈です


動脈とは、血液を心臓から体中に送る血管で、弾力性があり、しかも心臓の鼓動に一致して脈打っています。

※心臓から体へ血液が送られる血管。

静脈とは、末梢の毛細血管網から血液を心臓に向けて送る血管で、脈打っていません。

※全身から心臓へ血液を送る(戻す)血管です。

通常の採血は、この静脈から行われます。


日本の動物病院が行っている血液ガス分析は

この脈打っている動脈・そして股の付け根から行われるのが一般的だそうです。


で、今、自分でも読める様になったファンコーニ症候群の論文と違うところ、

論文では多々・静脈での血液ガス分析となっています。


アメリカと日本の違い??


でも、

動脈静脈の違いは

元気あふれる花にとって大きすぎるやんっ



花のことを思えば、必要なんだけど、今、今、今すぐは、必要ではないのでは・・・

いやいや、

自分でも声を大にして伝えている、早期発見につながる治療には

必要なのでは・・・

うひぃー メッチャ悩んでますっ


今、もし、トライして、てんやわんや(想像)して、なんとか検査が出来ても

今後、もっと必要となった時に、こーいう嫌なことでは記憶力がいい花は、

(都合のいいことは忘れている様ですが・・・

最大限に拒否るのではないかと・・・ メッチャありうるっ


けっして、論文の訳し間違いではなく、ホメオパシーの先生(英語治療可・英語医療論文可)

も思案しておりました


日本は動脈なんだよね・・・と、そしてこのお花ちゃんだとね・・・苦笑っと、


恒例の診察(ホメオパシー)でも、ここんところずっと必要性を相談していたのですが、

結論は出ず


あたしなりに、花のリスクが想像出来るから


また、臨床医(ホメオパシーの先生は獣医さんで、ふつうの動物病院もしています。)としては、

アシドーシス(血液中のphの傾き:血液中の酸と塩基との平衡が乱れ、

酸性側に傾いた状態。腎不全・糖尿病が原因で重炭酸(アルカリ)が失われたときなどにみられる。

酸血症。byヤフー辞書)になってるかなってないかは、

その状態は目で見て解るぐらいの、大変な状態をしており

知識ももちろんのこと、長年の経験と、状態を見て判断すると・・・

特に血液ガス分析器を置いていない多くの動物病院では、判断が遅れると大変なことになるのでネ。

と言うことで、ホメの先生も動脈血液ガス分析の必要性も承知しながら、

あけん共々、思案は続く・・・デス


と、言うことで

またまた頼りになる兄を通して

アメリカのファンコーニ症候群研究機関へ問い合わせ願いしちゃいました

血液ガス分析に限らず、聞きたいことがあったのでお願いしちゃったよへへんっ

色よい回答がきます様に・・・


その間、まだまだ、悩みどころで解決策はありませんが

いや、静脈でしてくれる血液ガス分析を置いている病院が有れば

是非とも出向きたいのですが、

今、あけんが苦肉の策で考えたとりあえず試してみようと思うこと


徐々に、徐々になくなる栄養達は、サプリや食品を考え考え食事で与えていますが

重炭酸塩に関してはまだなにも・・・

ので、目についたのがミネラルウォーターに含まれる天然の重炭酸塩

俗に言う炭酸ウォーターですね

少しずつ与えても良いのではないか?と、、、、

しかも、好き嫌いが激しいお花ちゃんが今好むものにプラスするとなると、

豚ミンチ・鶏ミンチ・牛ミンチいずれかのスープにプラス、炭酸水(爆)

想像するだけでウェ~となりますが・・・

やってみる価値はあるのかもしれない

こうやって、日々あけんの暴走はつづく




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日のブログはレス機能を復活させています

コメントのある方は是非ご利用くださいませ



*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*

バセンジー犬花柚のメインサイトもヨロシクドウゾ

こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日 

 

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]