忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part48 柚のDNA検査

ずーと、思案しておりました・・・

8afb868c.jpeg

 


我が家のイケメンアイドル柚ぽん うふっ

今までですね、軽いお誘いから真剣なお話まで数件

お婿さん候補のお誘いを頂いておりました。。。。


んが

今更で、誠に申し訳御座いませんが

ここに、過去そして未来

全てのお誘いをお断りする旨、お知らせさせて頂きます


わざわざブログで?大げさだけど

理由は下記にて・・・


+ + + + +


我々夫婦の淡い希望の中では、

いつか、ゆーちゃんの子供を、我が家の三代目、四代目バセに・・・

と、思っておりました


でもそれは(花のファンコーニ症候群の発病前から)

お年頃になって、そんな機会があるとしても

遺伝病等の検査を一つ一つクリアしてからと考えていて

真剣に声をかけて頂いたお嫁ちゃん候補のバセにも

無謀ながら同様の検査を希望する旨を伝えており、

更に、花・柚の年齢が近い為、幻の三代目バセンジーは出来る限り年が離れて・・・

などなどと計画してたのデス(数年後希望・・・)


それがゆへに、我が家では今まで実現していなかったのですが、

そうこうしているうちに、5歳です。今年のお誕生日で6歳・・・はやっ


お年頃とは言えなくなりましたが、柚ぽん、検査を進めておこう・・・と思い立ち、

真っ先の検査に選んだ遺伝病検査は、やはり花がファンコーニ症候群と言うことで、

兄にお願いして(ま~た身内を頼る・・)入手したファンコーニ症候群検査キット

e819f019.jpg

こちらは、海外で検査されます。検査キットの購入先は

OFA


それがクリア出来たら、他の検査を続けて、数年後にご縁が有れば・・・と考えていました。

※他の検査、参考までに


+ + + + + +


BIOSで遺伝病検査の対象犬種でバセンジーが対象になっている項目は、

『ピルビン酸キナーゼ欠損症』

同所の検査項目で『進行性網膜萎縮症』もありますが、

残念ながらバセンジーは対象犬種にあがってません・・・

・通常検査:12,600円 + 検体採取キット 700円 (口腔粘膜の場合)です。


他にも、股関節形成不全症の検査機関(NPO法人 日本動物遺伝病ネットワーク)もあります。


+ + + + + +


そして出てきた結果はですね

衝撃がっ

(ぼそっと)キャリアだって


ヒィィィィー

柚・・・おまえもかぁぁぁ




結果内容は下記参照・・・キャリアと言っても・・・


+ + + + + +


*PROBABLE CARRIES FOR FANCONI SYNDROM
(ファンコーニ症候群キャリアー可能性あり)


DNA検査の結果、このバセンジーは、

ほぼ正常なDNAを持つ親とファンコーニ症候群DNAを持つ親から生まれたものと考えられる。

このバセンジー自身は、ファンコーニ症候群を発生する確率は少ないが、

この子供はファンコーニ症候群を発症する確率が少なくない。

感染した子孫を増やさないために、検査結果が

「PROBABLE CLEAR/NORMAL FOR FANCONI SYNDROME」の犬と

繁殖させる事を勧めます。

----------

現在のファンコーニ症候群のテストはマーカーテストで、
100%正確と言う保証はありません。
研究は現在も進められています。


----------

とのコトやねん。

+ + + + + +


ホッとしつつ、かといって可能性がある限り、交配はさせたくありません。

こちらの表(NPO法人 日本動物遺伝病ネットワークを参照させて頂きました。)でも解る様に

柚がファンコーニ症候群の遺伝素因を運んでしまう可能性がある為

気持ちスッキリサッパリとあきらめた我が家なのですが、


さてさてそこから数ヶ月、ブログにUPするにあたり、さんざん悩みました・・・


なんて言いますか、柚の兄弟姉妹が多いので、

あーでもこーでもと考えてしまってですね


お父さんが一緒の兄弟姉妹が、たくさんいます。

又、同じ犬舎のバセンジーさんもたくさんいます。

犬舎同士の横のつながりを思えば、花も柚も別犬舎ながら

血統書には重複した親族がいます。


また、OFAの指す片親が、どちらを指しているのか解りませんが

その片親が、本当に遺伝素因を持ち合わせていなければ良いという問題でもなく

クリアであろう片親の兄弟姉妹、更に先祖にさかのぼると、これはもぅ突き詰めようが無い話なので、

先祖から子孫へ受け継がれる遺伝素因の不安は常につきまとうことになります(隔世遺伝)


前にもかいたファンコーニ症候群の遺伝病の仕組みを当てはめると

この結果の柚は、AaまたはaAであることになり、AAではなかったと、、、、ですよね(?)

ちなみに花はaaであると、、、


検査結果の内容を読んでも、確定した言い方はせずに、全てグレーな表現です。


てか、血統書内に出てくる重複した先祖を考えるだけで、

花柚の親族って・・・オイオイてなるしぃ


複雑な遺伝配列のことを考えても、とてもぢゃないけど理解出来ない・答えは出ない

可能性を心配すると、一歩も前に進めない

そんなことを考えてると、思っている以上に、たくさんの個体が、

なんらかのマイナスの遺伝素因を持ち合わせている・・・

また、次世代に受け次がれる中(次々産まれる中)

個々に(DNAが)異変・変化し続けてるのでは・・・と素人ながらに想像しちゃいました

想像だけで胸いっぱいです


なので、こんなビミョーな結果をネット上に公表するかしないか

(※ ビミョーな結果のビミョー具合を更に裏付ける後日談があるのですが・・・

モンモンとずーと心にためておりましたが、


他の兄弟姉妹の皆さんにも、またそれ以外のバセンジーオーナーさんにも

遺伝病に対して関心を持って頂き、

これから先、遺伝病のバセンジーが減ることを祈り

これから先、健康なバセンジー達が活躍し、人間と共存できることを願って、

小さな一歩と思いUPしました


いやしかし、、、ファンコーニ症候群・・・

症候群って表現だけでもビミョーやのに

キャリヤてもっとビミョーに輪をかけるやーん

なんやほんまに考えさせられる病気でおますな。(←最後はなげやり



とにもかくにも、みなさんのバセンジーさんが健康でありますように・・・


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日のブログはレス機能を復活させています

コメントのある方は是非ご利用くださいませ



*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*

バセンジー犬花柚のメインサイトもヨロシクドウゾ

こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日
 

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
無題
ごめん、いい意味で突っ込みどころ満載・・・と思ってしまった。^^;
いや、マジメな内容なのはわかるんだけど、本当に最後にはなげやりになってるあけんちゃんの顔が浮かぶような話だワ、と思って。

そうそう杉ちゃん、4日で3歳になりました。
『柚の交配について』の下書きを持ってあけんちゃんが病室に来てくれてから、早3年・・・イケメン柚ポンの今後のガウガウに更なる期待をしつつ・・・にゃはは。(笑)
enaちゃんへ♪
いやいやもぅどんどんつっこんでぇ
ほんまにうちの子達って・・・

まぁもぅすでにファンコーニごはんやから
柚が発病してもある意味取り組んでるからええねんけどね
発病しないように願うぅ~

で、杉ちゃんもぅ3歳ですか
えー早いぃぃ~3年前は関東にいたんだあたし(爆)

せっかくenaちゃんに監修してもらったのに
夢の柚ぽんお子様計画
もくずとなりましたねぇぎゃは~
お許しヲ~
  • あけん@管理人 さん |
  • URL |
  • 2009/04/06 (13:15) |
  • Edit |
  • 返信
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]