忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコニー症候群 part13 劣性遺伝
ファンコニー症候群は劣性遺伝です。

5ec52e72.jpeg



ファンコニー症候群は、劣性遺伝で受け継がれるとのコトです。


ネットから文章を拾ってきました。

(※情報発信向上の為、文章を無断でお借りしております。

抜粋先サイト関係者様の、ご理解を頂けましたら幸いです。)

【劣性遺伝とは】

簡単に説明すると、我々ヒトを始め、有性生殖によって子供をつくる生物は遺伝子を

1組2個セットで持っています。

そのセットのうち、片方の遺伝子が変わった時(変異)に、

すぐに影響が現れる場合を優性と呼び、一方、片方の遺伝子が変わっても

もう一方の遺伝子があるために影響が現れない場合を劣性と呼びます。

劣性遺伝病
は、変異を持った遺伝子が、たまたま遭遇して、

(細胞にある)1組2個セットの両方の遺伝子が機能しなくなった場合におこります。



ホメオパスの先生が図を書いてチンプンカンプンのあけんに教えてくれました。

こちらに書くので文字になりますが・・・


が異常のない遺伝子・aがファンコニーの遺伝子とします。

花に症状が出ているという時点で、花はaa


逆からたどる事になりますが、

まずお花ちゃんは aa の遺伝子がそろった為、症状が出てきたことになります。


a(父) a(母) の両親の場合産まれた子の遺伝は

AA
 ・ a ・ aA ・ aa と出るので この唯一 aa がそろったのが

お花ちゃんと言う事ですね。確率は1/4です。

他の遺伝列の兄弟はセーフです。


但し、父にも母にもファンコニーの症状が出ていた場合、

aa(父) aa(母) 子供みんなに出てしまうとなる・・・

両親どちらかの発病でも、やはり両親がノーマルな場合に比べると確率はあがります。

a aa a ・ aa 4頭兄弟が生れれば、2等が発病するということです。


父母の発病の確認が取れてないので、お花ちゃんの兄弟姉妹の安否は解りませんが、

父母兄弟姉妹にも必ずファンコニー症候群が発病するかというと、

幸いそうでもありません。


それは、異父母兄弟の場合は、遺伝を持っているパパorママの伴侶のバセちゃんが

遺伝を持っていなければ大丈夫と言う事です。

当然ながら、伴侶のバセちゃんも遺伝をうけついでいた場合、可能性が出てくるので

注意してあげて下さいね。


そして、大丈夫・・・と思っていても、隔世遺伝で出てくる可能性もあります。

【隔世遺伝(かくせいいでん)とは】

個体の持つ遺伝形質が、その親の世代では発現しておらず、

祖父母やそれ以前の世代から世代を飛ばして遺伝しているようにみえる遺伝現象の事。

(こちらもネットから文章を頂きました。上記にならいご理解の程頂けましたら幸いです。)


色々ホメオパスの先生に調べて頂いて、現段階でも沢山のコトが解りました。

ファンコニー症候群がバセンジーの遺伝病としてよくあげられているのは、

残念ながら(ファンコニー症候群を発病してしまったら)治す事は出来ないけれど

後の世代に受け継がせない努力をしましょう。。。。という発信でもあるナと、思います。

またファンコニー症候群を、症状が出てない段階で、判断するすべもありません。


稀少バセの繁殖、昔は狭いブースで行われ、近親交配×近親交配だったはず・・・

簡単には想像出来ない、遺伝ラインができてそうですよネ シンミリ







PR
  
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]