忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコニー症候群 part4 花のホメオパシー診察

週末、秀ちゃん(旦那)は帰ってきた・・・

5bca4487jpeg



花のホメオパシー診察を受けるにあたり、ま~たあたしのコテコテマニアな説明で

(本やインターネット情報による一部かたよっているであろう知識)

秀ちゃんが誤解を受けると困るので、最初だけ帰ってきてほしいと懇願

妻への愛花への愛で横浜より予定外の帰宅デス

※のだめカンタービレTVスペシャルのDVDが見たかったというウワサもチラホラ。
 さくらさんありあとう~ククククク・・・


診察予約は午後の2時、持ち物は

○花の犬生出来事表~病歴からガウガウまで~(あけん作)
○地元病院の診断結果・検査結果
○ファンコニー症候群の資料(英語資料もここぞとばかりにネットから出しまくる)
※上記の中にアメリカバセンジーサイトのPDF論文が含まれる。
○そして本犬

結構な荷物になり、こんなに持って行って説明出来るかなーと不安になるが

その心配は全く不要なものだった・・・


と言うのも、診察(カウンセリング?)はみっちり1時間強強強

説明する時間も十分 説明を聞く時間も十分

獣医さんとこんなに話したのは後に考えても、はじめてである


秀ちゃんも普段なら寝ているであろう現場(爆)であったが、

今回は一緒になって話に加わっていた・・・(これの方が奇跡かも

こともあろうに、柚も一緒になってフンガー と言っていた(爆)

当の本人(犬)お花ちゃんだけが、秀ちゃんに抱かれて無関心(笑)

わかりやすい花柚に、先生も笑っていたサ


さて、診察情景です。(まだ内容まで書いてないです。)


普段行き慣れている動物病院の診察風景と違い、診察台を挟んで座りました。

これからしゃべりまくるぞって感じ


花の犬生表を渡し、それに目を通しながら家に来てから現在までの状況を

細かく質問されまた、それに答えていく・・・

その内に、花のセキララな細かいコトまで、再確認されていきます

先生も花のストレスや、恐怖に思っているコト、嬉しい事、いろいろなコトを

細かく分析していきます

こ・こ・これが人で言うカウンセリングってやつですかね


あまりにも花の事ばかり(当然だけど)話してて、あけんの足下で不満爆発の柚が

床からあけんの膝へ・・・そして自ら診察台に両手を ばーん とつき、

フンガーッ『おいらも仲間に入れてくれ』

と、自ら先生にアピール なんてかわいい息子なんざましょっ


時々、柚のコトもおりまぜながら(花との生活上、彼も家族の一員だから)

更に時間は過ぎ、花の第一回濃ぃホメオパシー診察が終わる。


この病院自体のバセンジー治療歴は、

過去に老犬一匹診た事があるというぐらいでした。

が、

先生が今回の診察に向け、バセンジーファンコニー症候群の勉強をしてくれてたこと。

また、英語の診察もできるとあって、持参したバセンジーアメリカサイトの論文も

チャカチャカーと目を通し、次の診察までに更に、あちらの獣医専門のサイトも調べ、

ファンコニー症候群がどういう状態で発病・悪化するのか、きっかけ、ケア、

さらなる情報があるかないか等々調べくれるという。

これ て治療法がないのはわかっている。

でも、先生が調べてくれるという、すくなからず今後の情報網に期待がつのる




PR
  
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]