忍者ブログ

バセンジー犬をこよなく愛するあけんのブログ。 花&柚&くららの召使いと化し神戸の山奥からガウガウブログを配信中… 2013年末からファラオハウンドのラルゴも仲間入りデス。 

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンコーニ症候群 part105 肝臓の高数値

ファンコーニ症候群の治療第一人者 ゴントー先生肝臓数値の高いバセンジーちゃんのコトを伺う機会がありました

P1060068.JPG

のび~っと春先・・・まただまあったかい掛け物とホットカーペットが手放せない
我が家のバセンジー達・・・


あの子もこの子もうちの子もあそこの子も・・・って、バセンジー犬の肝臓数値が高い子の話は、本当によく聞きます

今回は、数年、肝臓の数値の高さに悩まされているバセンジーオーナーさんより『バセンジー犬の肝臓数値が常に高いケースで、病気や遺伝的なコト、又はそれが普通で過ごしているバセンジー犬もいる等、思い当たりはないでしょうか?』と、バセンジーを沢山診てこられたゴントー先生に聞いて頂けないか?と依頼があったのがコトの始まりです。(もちろん、聞いてくれるのはKAさんだよーん

そこで、頂いたお返事をお伝えします

他の犬種に比べ肝臓の数値が高いバセンジー犬がいるとうのはよくある話の様ですが、バセンジー犬で(もしくは、バセンジー犬のDNAを持つ犬も含まれるかも知れません。)肝臓数値が高く、それに伴う各種肝臓の検査をした上で、診断がつかない等原因不明の場合、ファンコーニ症候群の検査をして下さいというもの。(下記の翻訳を参照してね。)

・・・おどろきっ

肝臓数値の高さと、ファンコーニ症候群の因果関係が高いと・・・
そして、純粋に肝臓の数値が高い子も少なくないようですね。

ファンコーニ症候群と関係が深い以上、個人的には日頃から尿糖のチェックはもちろん、DNA検査や血ガス検査もして欲しいと願います

下記、抜粋して文面を貼ります。
肝臓数値の高いバセンジーちゃん、ご参考にして下さい。

赤字がゴントー先生の回答です。
別件の病状で尋ねた件もお返事頂いているのを省きましたので(肝臓の話だけ抜粋)
宜しくお願いします。



NORMAL Basenjis seem to often have higher liver enzyme values then other dogs. It may be breed related. Also, Fanconi dogs ALWAYS have elevated liver enzymes, and yet, honestly, we have only ONE TIME in 3000 cases, seen any real "liver disease" and it was, sadly, liver cancer. However, if you say a Basenji has elevated liver enzymes, I would always check for Fanconi FIRST, since it could be Fanconi that has not been diagnosed.
正常なバセンジーは他の犬種の犬に比べて高めの肝臓値検査結果が見られることが良くあります。 もしかしたら、血統による物かもしれません。 それから、ファンコーニを持っている子では常に肝臓値の上昇値が見られますが。 正直に言うと、3000頭以上のバセンジーを見てきた中で事実肝臓が原因の「高い肝臓値」が診られたケースが1件だけ。 残念にも肝臓がんでした。 しかし、もしあなたがバセンジーにおいて肝臓値の上昇が見られたと言うのでしたら、私は常にファンコーニの検査を先にします。 ファンコーニの検査や診断がされていなかった可能性が高いからです。
 
There are cases that no clear symptoms observed/confirmed from the high liver enzymes but the blood lab test continued to show the high liver enzyme levels. The owners are not decisive of if they need the liver biopsy as there are no critical symptoms observed since they found out the high enzyme levels from the early lab work.
正確な診断や症状が確認されず、しかしながら肝臓値の上昇が継続して見られる子がいます。 飼主は肝臓の病理検査をする必要があるのか無いのか、決断が出来ずにいます肝臓値が初期の血液検査から高いと発見されてから、深刻な症状が見られないままいるからです。
 
Have they checked the urine sugar??? Have they done a VENOUS BLOOD GAS, to rule out that Fanconi is causing all this? In this breed it is the MOST COMMON disease.
彼らは尿糖を検査しましたか??? 血液ガステストの検査をして、それがファンコーニでないと確認しましたか? この血統では、一番多く診られる疾患です。
 
The most of owners are afraid of getting whole body anesthetic for their basenjis, and to open the body when they did not see any visual sign of symptoms except the blood test results. 
多くの飼主は、深刻な症状が出ずに血液検査の結果が悪かっただけで、肝臓の病理検査のために全身麻酔をかけて開腹手術をする事をためらいます。 
 
Well, many diseases can hide well in the body and by the time symtoms are there, it is far too late to help. I would definitly do the X ray and Ultrasound. Unless they showed a definite mass or tumor, I personally would NOT do any biopsy, if it were my dog. 
肝臓の問題の場合、多くの病因が隠れていて判らない事もあるし、明らかな症状が出てからでは手遅れである事が多い物です。 私は確実にレントゲンと超音波検査をして、肝臓の質量や腫瘍を確認します。 個人的には、自分の犬には病理検査を受けさせないでしょう。
 
I don’t know if we can leave it without any particular treatment or should recommend strongly to do the biopsy. They do accept the X-lay or echo quite easy, but then hesitate to let their dog to take biopsy exams. 
私はこのような状態にいて、何も治療をしないでおくままでいいのかそれとも病理検査をした方がいいのか、どちらが正しいのか判りかねます。 飼主はレントゲンやエコーは容易に受け入れます。 しかし、病理検査は戸惑うと思います。
 
It could be due to the genetic reason in Basenji, but not quite sure. I do not care much if it was due to genetic or not, but concern only if no diagnosis made even if the liver enzyme levels are so high to indicate abnormality. Can I ask you what would you do if you were in this situation? 
このような問題はバセンジーの遺伝的な問題かもしれませんが、正確にはわかりません。 遺伝的かどうかはあまり重要ではないと思います。 しかし、診断が降りないまま肝臓値の異常な上昇が見られた場合にやはりどうするべきかが気がかりです。 先生が同じ状況下にいたらどうされるか、伺ってもいいでしょうか?
 
Ultrasound, and X rays, plus a venous blood gas to make sure this was not all due to Fanconi. 
超音波とレントゲン、そして血液ガステストでファンコーニで無い事を確認します。
 
I probably would go for the biopsy if I was the owner but not sure if that would be the right direction or not to recommend to a friend. I also understand their concerns there would be always risks from whole body anesthetic and a complete diagnosis would not be guaranteed. 
もし私が飼主だったら病理検査をするかもしれません。しかし、その決断が正しいのかおそらく自信がありません。 それから全身麻酔のリスクが常にある事と、検査をしても診断結果が出ると保証されない事への心配も理解できます。
 
Our boy dog with Liver Cancer, TOPPER, had several liver biopsies done, but they just used LIGHT SEDATION and LOCAL ANESTHETIC in the skin. They never put him under a general anesthetic for these. Regardless, UNLESS I saw a mass or something specific to do a biopsy on, I would NOT be doing a needle biopsy on the liver. First, even if there was some disease, the odds are against you "by luck" getting a bit of tissue from the effected site. Second, there is a very HIGH bleeding potential in healthy liver tissue, and finally, what TREATMENT options would be there, even if they found some kind of cancer? That should be the real question. Very often there are few options to treat, and those that are available are insanely expensive and don't offer a dog that much more lifespan. If there is NO visible mass or tumor on ultrasound, I would just watch the dog, and do follow up ultrasounds or X rays every six or eight months to follow up.
私の飼っていた肝臓がんを患っていた男の子「トッパー」は何度か病理検査をしました。でも、軽い鎮静剤と皮膚の局所麻酔を受けただけです。 獣医は決して全身麻酔はしませんでした。 どちらにせよ、もしエコーやレントゲンで質量や腫瘍の異常が見られなかったら、病理検査をしませんでした。 まず初めに、もし何かの病変があったとしても、病変のある場所から組織の採取が出来るかどうかは「運まかせ」なのです。 二つ目に、健康な肝臓の組織採取においては多量の出血を起す危険性があり、そして3つ目にもし正確に肝臓の組織が採取されて検査の結果がわかってもその後どのような治療方法があるというのでしょうか(もし、何かの癌腫瘍が見つかったとして、現在確立された肝臓がんの治療方法がありますか?)。 これらが現実的な疑問点です。 多くの場合、限られた治療法方がある事はありますが、今ある治療方法はとても高額で更にその治療方法を持ってしても「余命」を大して伸ばす事が出来ないのです。 超音波で確認できる質量や腫瘍が無いのであれば、私はただ治療せず様子を観察します。 そして6ヶ月から8ヶ月毎の定期的な超音波もしくはレントゲンを続けて肝臓の様子を見ます。
 
Aken has started using pet foods slowly, based on your recommendation, also adding the carbon hydrate (potato) for her basenjis. She still feels comfortable more with feeding BARF but she is willing to change her mind for her beloved basenjis. Do whatever good for them is the best gift she can do. 
先生のご意見を聞いてから、あけんは少しずつペットフードを使う事を開始しました。 それから、炭水化物もです(芋)。 彼女は
BARFを与える方が安心だという気持ちを持っていますが、彼女の愛犬たちの為にこれまでの餌を変える事をためらっていません。 彼女が出来る範囲で試す「いい事」が最も素晴らしい愛犬たちへの贈り物ですから。
 

I hope they do well. Actually, Basenjis do well with many kinds of vegitables. Peas, Greenbeans, carrots are all VERY good for them too...not just starch like potatoes. 
上手くいくように祈っています。 事実、バセンジーは色々な野菜も好みます。 マメやグリーンピース、ニンジンなどは全てバセンジーにとっていい物です。 芋のでんぷん質だけではないですよ。
 
Please DO keep me updated. ぜひそうしてください。
Best wishes, Steve ご多幸を祈ります。 スティーブ


いつもながら、KAさんに感謝です
携帯電話、ご愁傷様~(←内輪ネタ



★本日のブログは、コメント機能をオープンにしております★

*** バセンジー犬花柚のメインサイト
       こまり顔の犬たちの笑い一杯の毎日 
*** komarigao姉妹サイト バセンジー犬に多い遺伝病
       バセンジーのファンコーニ症候群治療プロトコールサイト 
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
花柚ブログ内検索
プロフィール
HN:
あけん@komarigao
HP:
性別:
女性
最新コメント
[06/12 あけん@管理人]
[05/19 あけん@管理人]
[05/16 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
[05/08 あけん@管理人]
カウンター
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Basenji komarigao Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]